金属加工には切削、鋳造、鍛造などさまざまな技術がありますが、最新の加工技術として大きな期待を寄せられているのが金属3dプリンターです。3dプリンターは原型となるモデルをスキャンしてデジタルデータ化し、それを立体物として再現する仕組みで、樹脂など金属以外の素材でも幅広く実用化されています。金属3dプリンターは、従来の加工技術では難しかった中空の製品など、複雑な形状の立体物を造形できることが、最大の特徴となっています。この方法ではデータから直接的に立体化するため、金型を製作する時間やコストを削減できます。また従来はパーツごとに分けて組み立てる必要があった製品も、一気に製造できるので組立ラインが不要になり、パーツ管理の手間もなくなります。

金属3dプリンターが立体物を造形する方法

現在使用されている金属3dプリンターには、大きく分けて2種類の方式があります。いずれも基本的には微細な金属の粉末を利用します。第1は金属の粉末を製品の形状に沿って2次元の面に敷き詰め、レーザーまたは電子ビームやアークで溶接し、これを積み重ねて3次元の形状を作っていく方法です。第2は金属粉末に接着剤などを加えてノズルから噴射し、造形してから熱を加えて焼結する方法です。2次元の層を積み重ねる点ではどちらも同じです。金属粉末をレーザーで焼き固める方法は特許になっていましたが、2014年に特許が切れたため、エンジニアリングメーカー各社では競って開発に乗り出しました。そのため現在では、以前では考えられなかった低価格の金属3dプリンターが次々に発売されています。

精度の違いと導入する上での注意点

金属3dプリンターはまだまだ発展途上の技術であり、装置によって精度の差が大きいことに注意する必要があります。2次元の層を重ねていくという製法上、熱による歪みが発生する可能性があり、また大きな空洞に接した面には凹凸ができやすくなります。製品表面の仕上がりも、他の加工方法に比べると粗くなりがちです。さらに微細な金属粉末を容易に入手できることが条件であり、あらゆる金属を加工できるわけではありません。こうしたデメリットも年々改善が進められており、今ではさまざまな金属が使用可能で、仕上がりの綺麗な金属3dプリンターも製品化されています。もちろん高精度であるほど価格も高くなるのが普通なので、コストパフォーマンスを考えて適切な機種を導入することが大切です。

25年以上かけて培ってきたノウハウで皆様の事業をサポートいたします。 SOLIZE Products株式会社ではプリンターの販売やプリントの他に、金属の切削や鋳造も行っています。 弊社はものづくりの支援として、3Dの販売やレンタルに関する事業を行っております。 3Dプリントだけではなく、金属の鋳造、切削作業も承っています。 100社160台以上の3Dプリンター導入実績。 金属3dプリンターの受託製造に自信があります