金属3dプリンターならではの特徴とは

金属3dプリンターならではの特徴というのは、原理的にはどんな形の物でも作れてしまうということです。そのため金属3dプリンターはモノ作りの革命といってもいいものかもしれません。何しろ、これまでは作れるものというのは限られていました。そのため、組み立てというような工程があったのです。ですが、金属3dプリンターは作りたいものをそのまま作ることが出来てしまうので、この組み立てという今までは当たり前にあった工程をすっ飛ばしてモノ作りが出来てしまいます。原理的にはどんな形のものも作れるので、これまでは作れなかったものがどんどんとこれから世の中に出てくることが考えられます。また、今までのモノ作りでは技術者の腕によるところが多かったのですが、この3dプリンターでは誰もがボタン一つでモノ作りが出来るというのも大きな特徴です。

原理的にはどんな形のものも作ることが出来る

金属3dプリンターは原理的にはどんな形状も作ることが出来ます。原理的にはといったのは、実際には作れない形もあります。金属3dプリンターでもモノ作りをするための土台となる部分は必要で、なんらかの土台の上に絵を描く必要性があります。ですから、この土台部分を作ることや、絵を描く過程で材料を塗布する向きなどがあり、向きによっては塗布できない向きがあったりもします。ですが、これまでの加工によるモノ作りに比較すると、もはやどんな形状でも作れるといっていいぐらいのことが出来るということはいえるでしょう。モノ作りがこれによって根本から変わるということになるぐらいのものです。現段階ではスピードという問題がありますが、これが改善されると量産も出来るようになり、モノ作りの革命ともなるかもしれません。

同じ質の物が誰にでも作ることが出来る

金属3dプリンターならでは、同じ質のものを誰でも作ることが出来るという特徴があります。当たり前かと思う人もいるかもしれませんが、これが今まではとても難しいことでした。ですから、職人といわれるような人がいて、モノ作りの専門家がいたりしたのです。素人と玄人では全く違って物が出来るというのが当たり前でした。ですが、金属3dプリンターはボタン一つで後は全てやってくれますから、同じ質のものが出来ることになります。これは、モノ作りではとても大きなことです。ですから、これを使えば誰でも専門家以上の質のものが作れるというわけです。しかも、ばらつきがありませんから、工業用として使うことも出来ますし、精度が高いので実験器具や検査器具などとしても使うことが出来、幅広い用途で使うことが出来るといえるでしょう。