金属3dプリンターの驚きの性能

どんどんと進化している金属3dプリンターの性能です。最近では金属も使える金属3dプリンターが登場して話題となっていますが、使える金属もどんどんと増えてきています。これまでの金属の3dプリンターは粉末の材料をレーザーで焼き固めるレーザー焼結法だったのですが、最近ではレーザー焼結法というものも登場して、より強固なものを作ることが出来る方法として注目をされています。これまでの3dプリンターでは金属を作れるといっても、強度が問題となることが多かったのですが、この方法が開発されたことで、より強固な強度持つ金属を作ることも可能となってきました。これから、さらに技術が進めばさらに固いものを作ることも出来るようになるでしょうし、使える材料も増え、スピードも上がることが期待されます。

金属が使えても課題はいろいろとあった

最近では3dプリンターが金属でも使えるようになってきたということは知られるようになっていましたが、金属が使えるようになっても課題はまだまだ多くありました。その一つが強度の問題です。3dプリンターでは、粉末材料を塗布するという方法の為、材料を熱で固めるという方法となり、これが金属では強度の問題としてあらわれることになったのです。金属を使うところの多くはかなりの強度を必要とするところが多いですから、これを解決する必要がありました。そして、最近出てきたのです、レーザーで焼き固めるというレーザー焼結法です。これだとかなり強度を上げることが出来るということで、これによって3dプリンターの用途も拡大することが考えられます。また、こうしたことで、将来性というものも広がったということがいえるでしょう。

まだまだ改良の余地が多いのも魅力

金属3dプリンターの歴史は始まったばかりで、改良、改善の余地がまだまだ残っているのも魅力です。上記のような新しい技術が出てくることで、より使いやすく、より広い用途で使えることになるでしょう。中でも期待されるものの一つが高速化です。今の3dプリンターは一枚一枚の絵を描くようにしてモノ作りをしているので、どうしてもスピードという点が課題の一つでしたが、それもいろいろな方法が考えられることで、これからどんどんと改善することになると期待されています。絵を一枚一枚描くという方法にしても、ものによっては、複数枚同時に描くなどの方法も考えられますし、改善ポイントは考えればきりがないともいえるかもしれません。これが産業革命のようなモノ作りの革命となる可能性もあるのです。